レーシック手術の種類と特徴

乱視矯正に関連してレーシック手術の特徴について調べてみました。

○イントラウェーブフロントレーシック
<メリット>
・ウェーブフロントとイントラレースを組み合わせ、現在の近視治療 における最先端治療と言えます
・わずかな歪みをも矯正できるので、よりクリアな見え方が得られる
・角膜に物理的ダメージを一切加えないのでより安全な方法といえる
・従来のエキシマレーザーでは治療できなかった乱視も治療できる
・眼鏡やコンタクトレンズでは矯正できない不正乱視を矯正すること が可能です
・イントラレーザーでフラップを薄く作るので、角膜が薄い方や強度 近視の方でも治療が可能となっています

○ウェーブフロントレーシック
<メリット>
・従来のエキシマレーザーでは治療できなかった乱視も治療できる
・眼鏡やコンタクトレンズでは矯正できない不正乱視を矯正すること が可能です
・わずかな歪みをも矯正できるので、よりクリアな見え方が得られる
<デメリット>
・マイクロケラトームでフラップを作る為、角膜が薄い人は治療がで きない

○エピレーシック
<メリット>
・角膜上皮部分が再生するので、格闘技などで眼の怪我をする可能性 が高い方でも受けられる
・治療中の眼に対するストレスが通常のマイクロケラトームより少な い
・角膜が極端に薄い方でも治療が可能
<デメリット>
・イントラレーシックと比べると、多少痛みがあることがある
・手術後に角膜にニゴリ(ベイズ)が出ることがある

○レーシック
<デメリット>
・マイクロケラトームを使ってフラップを作る
 以前は主流となっていた方法だが、イントラレーシックと比べると 術後にドライアイ等になる可能性が高い
・角膜が薄い方・近視の度合いが強い方は受けられないことが多い

乱視矯正に関連してレーシックの特徴を調べてみました。
参考にしてみて下さいね。

乱視の矯正と治療法

乱視矯正と治療で今回は乱視の矯正と治療法について調べました。

乱視は視力低下の原因になりますし、乱視の目は人一倍「見る努力」が必要なため、放置すると、知らないうちに目を酷使し、眼精疲労になりがちです。
また、乱視は疲労感や頭痛、肩こりなども引き起こすこともあります。
この様な乱視の矯正方法ですが、以下の様な矯正方法が一般的です。

○メガネによる乱視矯正
乱視の矯正には、一方向だけを矯正する円柱レンズが使われます。
乱視では角膜の屈折力がそろっていないため焦点ができません。
このため、一方向だけに屈折力を持つ円柱レンズを使い、角膜のカーブのきつい面から入ってくる光を調節します。
この円柱レンズとは、円柱を立てた場合、縦方向に垂直に切り取った形状のレンズです。
凹と凸の円柱レンズがあります。
この円柱レンズと、球面レンズの組み合わせにより、さまざまな乱視に対応するのが一般的です。

○コンタクトレンズでの乱視矯正
よく乱視はメガネかハードコンタクトしか使えないと言われるのが、それは間違いです。
円柱レンズを使った乱視矯正用具には、メガネやハードコンタクトレンズの他、ソフトコンタクトレンズでもあります。
最近では、乱視矯正用の使い捨てソフトコンタクトレンズも発売されています。

また、角膜が原因の乱視には、専用のハードコンタクトレンズやソフトコンタクトレンズで矯正することができます。
詳しくは眼科で相談してみてください。

○手術やレーザーによる乱視治療
メガネやコンタクトレンズの装用に向かないスポーツなどをよく行う場合、コンタクトレンズの装着に体質的に無理がある場合など、手術やレーザー治療により乱視を治療することもできます。

これらの方法は、専門の眼科医により手術の適正を判断してもらうことが大前提になります。
納得できるまでよく相談し、自己責任の上で乱視矯正手術の判断をしてください。

乱視の矯正と治療法は参考になりましたか?

レーシック手術について

レーシック手術について乱視矯正と治療で調べてみました。

レーシック手術は、高い精度のレーザーで視力の矯正を行う方法です。安全で効果的なことから近年注目を浴びており、全世界では、毎年数百万人の方が利用しています。
そもそもレーシック(LASIK)とは、エキシマレーザーによって角膜の表面形状を変化させ近視や乱視を矯正する方法です。
レーシックが開発されて既に10年以上が経過しその安全性、確実性、長期経過等が確認されています。
レーシックはかつての近視手術のように不確実な効果をもたらすものではなく、従来の手術とは比較にならないほど安全かつ正確に近視を治すことができます。
日本でも毎年6万件以上レーシック手術が行われ、手術を受ける人は年々増加傾向です。
レーシックの安全性に関して議論していた時代はすでに過去のものとなり、メガネ、コンタクトレンズ、レーザー治療のなかから自分にあった矯正方法を選ぶ時代になっています。

○レーシック手術の流れ
・麻酔をする
点眼剤で麻酔をし、目を洗浄します。
・フラップを作る
マイクロケラトームという機械を使って、角膜の表層にフラップを作ります。フラップとは、
角膜のフタのようなもので、このフタの内側の角膜にレーザーを当てて、角膜の形を修正していきます。
・レーザーをあてる
レーザーで角膜の形を修正します。最新のレーザー装置にはアイトラッカーという機能がついており、
手術中に目が動いたとしてもコンピューター制御によって正しい位置にレーザーの位置が修正されます。
・フラップを戻す
レーザーを当てる時間はだいたい数十秒です。
角膜の修正が終わったら、フラップを元の位置に戻します。
・洗浄
最後に目を洗浄します。
ここまでの所要時間は15〜20分。入院の必要などもありませんので、手術を受けたその日に帰ることができます。
角膜は自然な作用(角膜内皮作用)で自然に接着していきます。

○レーシックの手術費用は医院(クリニック)によって異なりますが、平均的な料金として片目で約18万円から、両目ですと約36万円程度です。片目だけでも両目でも手術が可能です。
注意して頂きたいのは、現状レーシック手術は健康保険適用外です。生命保険や医療保険に加入している方は、上記の料金よりも安く手術を受けられる場合がありますので、保険会社に直接問い合わせてみて下さい。

乱視について

乱視矯正と治療では、まず乱視について調べました。

乱視とは眼球の角膜、ときに水晶体が歪んだ状態が原因で、入射する光線が網膜上の一点に集まらないため物が二重に見えたり、かすんで見えたりする眼の異常です。

乱視の原因には、水晶体が原因の場合もありますが、多くの場合角膜が原因です。
正常な人は、角膜は横方向も縦方向もほぼ同じカーブをしているのですが、乱視の人ではカーブの度合いが、横方向と縦方向で異なります。
そのために横方向と縦方向とで屈折力に差が生じ、眼底にはっきりとした像を結ぶことができないのです。

一般的に乱視は余り変化することはなく、軽い場合には近視と同じようにメガネで矯正出来るので、特に心配する必要はないのですが、乱視が強い場合にはメガネでは物が歪んで見える為、ハードコンタクトレンズを使用します。
現在、乱視用のソフトコンタクトレンズも販売されているので、ハードコンタクトレンズが苦手な人でも、無理なく矯正する事が可能です。
また、レーシックのようなレーザーによる屈折矯正手術で乱視を矯正することも可能ですが、これまでは複雑な乱視の場合は難しいとされてきました。
しかし、近年、ウェーブフロント技術によって理論的には複雑な乱視のレーザー治療も可能となりつつあります。

乱視矯正と治療で乱視について調べてみました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。